ベトナム:クアンニン省が炭鉱閉鎖へ

掲載日:2013年3月15日

ベトナム:クアンニン省が炭鉱閉鎖へ (PDF : 134KB)

2013年3月8日付け地元報道によれば、ハロン市で行なわれたクアンニン省人民委員会、商工省およびベトナム国営鉱山企業である VINACOMIN との合同会議において、ウォンビ、ホンガイおよびカンファの3炭田で、2015年までに20ヶ所、更に2016年から2020年までの期間で28ヶ所の採炭プロジェクトを閉鎖すると発表した。
同会議における Le Duong Quang 副大臣の話では、この計画は2012年1月に首相によって承認された石炭セクターの開発戦略に従うものであるという。
クアンニン省人民委員会副議長は、この計画は国のエネルギー安全保障を確実にするものであり、社会経済的・環境上および技術的な必要条件を満たし、行政区の開発計画にも適合するものである。そして、10,000人を超える地元の鉱山労働者のために安定した仕事を維持するに違いない、と付け加えた。
現在、3つの炭田の埋蔵量は約86億トンに達している。

(石炭開発部 串田智)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ